初めて書いた年賀状に感動!それに対しての安い年賀状の俺

とても親しい友人に子どもが生まれて、それからは毎年ファミリー写真付きの年賀状をもらっていました。
親しくない人からの写真の年賀状は困りますが、仲の良い人からだと嬉しいものです。

さて、それから何年かして、その年は写真の年賀状がないなと探していました。
あれっと思ってよく見ると、その友達のお子さんからの年賀状が来ていました。
たどたどしい字で子どもが時間をかけて書いた形跡のある年賀状がありました。
話を聞いてみると、何とか、あいうえおの字が書けるようになり、初めて年賀状を書いたのだそうです。
お母さんが代筆して、いつもの写真の年賀状に名前だけ書こうね、と言うのも聞かなかったらしいです。
自分で一から書くから見ててと言って頑張って書いていたらしいです。

ところどころ読めないところはありましたが、それでも十分意味も想いも伝わる素敵な年賀状でした。
今までもらった年賀状で、自分が子どものころを除くと、こんなに一生懸命書いた年賀状をもらったのは久しぶりで、とても感激しました。
だんだんメールになったり、印刷のみになったりするご時世ですので、この年賀状の破壊力は抜群でした。
手書きの力って改めてすごいものだなと感じました。

私もそれに対してのお返しのつもりで毎年年賀状は送るようにしていますが、
最終的には年賀状印刷が安いネット注文でのオーダーばかりになっており内心恥ずかしいなと思います。
感動した子供の年賀状を比べると、結局は安さ優先か、俺は!を突っ込みたくなりますが、背に腹は代えられません。
でも安いって言っても数年前と比べるとデザインのクオリティも各社上がってるし、安い年賀状とは向こうも思ってはいないことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です